« 京都から下呂へ。 | トップページ | 回帰。 »

2011年7月15日 (金)

指導者たるもの…。

涙を呑んで拳を握りしめ…。

とくに、歌のフレーズとかではなく。
今、若手団員の稽古で人形操作と手影絵の指導をまかされ、下呂逗留3日目。
やっぱり、人にものを教えるのは難しいな…と、あらためて思う日々です。

そりゃ、20年近くやってきた人が得てきた技術を、ほんの数ヶ月やってるだけの人に教えるのはムリがある。
だけど、それで教えることができれば、教えられた人はすぐに次のステップに行けるわけだし。
しかし、そんなにすぐ教えて自分のものにされたら、それを会得するために20年かかったあたしはいったいなんなのとも言いたくなる。
でも、劇団が上昇気流に乗り続けるためには、それが実現したほうがいいだろうな。
『自分も、入団したての頃は、先輩にそんなことを言われ続けていたのだな…今となったらこんなにも分かりやすいことなのに、なんでその頃は分からなかったんだろう』
教えていて、ホント、歯がゆいなあ…。

『もう、ある意味でスパルタが必要なんだよ。憶えられないヤツにはそれしかないんだよ』

と、今日、聞いた。
言われてみると、若い頃、よく、怒鳴られた。
殴られもしたし、泣きもしたし、反論したし、ケンカ腰で芝居したこともある。今となっては恥ずかしい限りだけど。感情で芝居なんかしたらサイテーですね。
だけど、そういう紆余曲折があって、今の状況があるとするなら、それも必要な道筋だったりするのかしら。
今、わたしが教えるときは、極力『怒鳴った』り、『殴った』りはしない。
肉体的には世論的に控えて、まずはガッツリと怒ってみるか。

そうか…そういえば、今回の新人ちゃんの中に、こんなこと言ってる人いたな。

『御指導御鞭撻の程、宜しくお願いいたします!』

御鞭撻の意味、知ってるんですね?
よろしい…鞭もてビシバシいこうではないか!

下呂初日まであと1日。
舞台に立つ側ではないのに、緊張感を感じます。

|

« 京都から下呂へ。 | トップページ | 回帰。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 指導者たるもの…。:

« 京都から下呂へ。 | トップページ | 回帰。 »