« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月24日 (月)

先週後半。

川崎市内の保育園、それから、さいたま市の劇場さんでの公演がありました。

保育園は、今年初めて。
もちろん、0、1、2歳児もいます。
物語がわかるのかなあ…と思いながら演じていたのですが、泣くコもいず、真剣に見入っていましたね〜。影絵は、いろいろな風景や色がどんどん変化していくので、そこがおもしろいというか、分かりやすいのかしら。
ただ、2ステージ目、保育園予備軍のコたちには、苦戦しました。
7ヶ月のコもいます。ウチとほぼ一緒です。
暗いところがコワイ〜とか、大きな音がコワイ〜ではなくて、ただ単に、同じところにじっとしていられないんですなあ。ほんの15分くらい経つと、あちこちからぐずりだしの声が聞こえてきて。でも、お母様方はおもしろがって観てらっしゃる。そのへんはわたしとしても嬉しい限りなのですが、ぐずった子どもそっちのけというのは…でも、せっかく観ていただいているのにな…。
などと、いろいろとおせっかいを焼きながら演じていたのでした。

昨日の、さいたまでは。
親子とりまぜて約70名様、とっても楽しく公演できました。
親と子どもが半分同士というのは、以前も書きましたけれど、とっても演じやすい。そして、親子お互いが、お互いの楽しむポイントを発見できるいい機会でもあります。
主催者さんのほうのうけもよかったようで。
この日は、埼玉に住むわたしの叔母夫婦、音楽関連の知人も観に来てくださいました。
公演後、後片付けをお手伝いしてもらいながら、一考。
舞台装置の片付けという、かなり専門的な仕事を、その日初めて会う人々に、いかに手際よく、効率的に教えることが出来るか…これは、毎回考えます。
もちろん、お手伝いしてくださる方々は好意でやってくれます。これは実にありがたいことなのだけれど、梱包する前に、荷物を持っていってしまう方もいたりするんですね。
そこで、最近出たアイデアとしては。
①半ワークショップ的に実行する。具体的には、舞台の構造をさりげなく言葉の端々に入れ、『なるほど』と思わせながら手伝ってもらう。
②このフレーズをひとつ、必ず入れる。『これが出来たら劇団に入れます!』
③手伝ってくれる人の中に、『これはデキル人だ!』という人を見極め、片付けの一部を託してしまう。
④最終的には、搬出&車への積み込みが無事終わればOK。多少の片付けの段取り違いは気にしない。道具が壊れなきゃいいのだ。

一番大事なのは、『楽しみながら片付けをする』ってあたりでしょうか。
バラシ(片付けのこと)なんて、楽しいことでもないんですけどね。
④なんて、ある意味究極ですが…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

千葉、習志野。インフルエンザ。

京成、津田沼駅にほど近い幼稚園が、今日の公演先でした。

園バスが3台もある、大きめの幼稚園です。建物も変則的な3階建て。
でも、会場は1階で、比較的仕込みやすかったです。
3年前にも、同じ演目でお世話になっていたとのこと。またお呼びいただいてうれしい限り。
今日の本番も、好評のうちに終わりました。

しかし、こどもの反応はホント、面白い。
幕間にある、手影絵を使った影絵クイズ。
影絵の一部を、スクリーンのはじからちょっと出して、
『これな〜んだ?』とやる。
わたしの目の前のコ、
『モグラ!』
もう、ゴリラの顔がほとんど出てるのに、
『モグラ!』
問題が変わっても、
『モグラ!』
初志貫徹だなあ。

わたしたちは、たまに、公演先で、お昼をいただくことがあります。
この日は、園長先生オススメの、お寿司屋さんのお寿司。
いつもはお弁当が多いんですけどね…美味しかった〜!

さて、事務所に戻って、帰宅後真っ先に向かったのは、病院です。
その前に、真結をだっこしたかみさんと、バス停で待ち合わせ。
インフルエンザワクチンを接種するため、病院に向かいました。
わたし、実は、成人になってから一度も予防接種など受けたことありません。
たぶん、インフルエンザにもかかったことがないかもしれません。
そのへんは、自信があります。
ま、それはいいとして、どうも、インフルエンザの予防接種は、2人連れがいいようですよ。ワクチンの瓶に入っている量が2人分だからなのかな?
かみさんと、2人で接種しました。
看護士さん曰く、効き目が始まるのは、3週間後くらいからなんですって。
結局、大切なのは、日々のうがい、手洗いなんですな。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

深夜の決斗。

深夜。
かみさんの後ろ姿に、緊張が走る。
娘を抱いて、布団に寝かせる瞬間、かみさんと、娘の眠りを妨げるなにものかとの戦いがはじまるのだ。
布団の中で、ついさっきまで寝ていたわたしも思わず生唾を飲み込んでその背中を見守る。
成功すれば、そのあとには約3時間の安らかな眠りが待っているからだ。

我が家は、布団を「り」の字に敷いて、川の字に寝ている。一間で一緒なので、夜泣きが始まるともちろんわたしも起きる。でも、寝かしつけをするの はたいていかみさんの役目。わたしもたまあにやるのだけど、乳という最終兵器をもつかみさんにはかなわない。だから、たいてい、最後はかみさんの腕の中で 眠りにつく。

ところが、最近、布団に寝かせたとたんにぐずりだすことが多くなった。
眠ったかな?と油断していると、首を左右に振って、泣き始めるのである。
抱っこの高さから、布団の高さにおろしたときの、重力の変化で起きるのか?
抱っこしている両手を引き出すときの、背中の違和感か?
そもそも、眠ったと思い込んでいるわたしらの勘違い?
ここ数日、夜半からの冷え込みが厳しいので、布団の冷たさもあるのかと思い、湯たんぽを使ってみた。少しは効果があったみたい。
でも、やっぱり、起きるときは起きるのよ。
まだまだ、根本的な解決にはいたっていないのが現状。

昨晩も、かみさんは、2度の戦いをしていた。
隣で、娘を布団に寝かせたまま微動だにしないかみさん。
なんだか、いつのまにか、とっても頼もしき後ろ姿になったものだねえ。
その後ろ姿を見ながら、わたしは心の中でひたすら、念波ならぬ眠波を送り続ける。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月17日 (月)

東京、大田区。

今日は、お寺と神社に挟まれた幼稚園での公演。
まさに、神仏習合幼稚園。
でも、ホールに鎮座されていたのはお不動様だけでした。

朝7時に入って、最初に目に入った、幼稚園内の文字。
『インフルエンザ、1名』
そうそう、新聞で読んだの。ここのところ、患者数倍増なんですってね。
気をつけないと。我が家には、まだちっこいコがいるのだから。
今日は、事務所で、幼稚園入って、仕込み終わって、1ステージ目終わって、2ステージ目終わって、バラシ終わって、事務所戻って、ウチ帰ってと、合計9回うがい手洗いをしました。わたしにとってはこれだけがっちりやるの、初めてかも知れません。

今日の公演も、大好評だったようで。
ちなみに、こちらの幼稚園さんには、昨年に引き続き、2年連続で呼んでいただきました。
お客さんのうち、半分が親、半分が幼児。
実は、半分が親だと、楽なんです。
親が笑うと、子も安心して笑ってくれるから。そうやって、笑うポイントを身につけていくのですねえ。
ただし、わたしの狙うユーモアポイントは、ちょっと、子供向けには早いかも。
公演後、『ウサギ』の作り方大会を、先生方相手にしておりました。
ちなみに、いちばん上手だったのは、園長先生でしたよ。

今夜の真結様。
今日は、早く帰ることができたので、お風呂に入れました。
『お風呂でチャプチャプ!』
この台詞を、20回は繰り返しております。しかも、全部裏声。
わたしの低声は、彼女をどきんとさせてしまうようで。ひたすら、甲高い声を上げております。
お陰で、お風呂の中では終止ご機嫌です。

また、両親に隠れて、寝返りをしておりました。
ちょっと目を離したスキに、ごろりんこと仰向けに。首を持ち上げて、誇らしげな上目遣いをします。

さて、明日も4時起き、千葉、習志野行き。
寝るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月16日 (日)

チョー久しぶりに!

年明け、最初の日記です。

家族3人、元気に活動しております。

劇団での後輩指導、自分の舞台の稽古、歌唱発表会の準備に、自分自身の稽古と、仕事はやるべきことばかり。今年の春、参加する可能性のある海外ツアーのために、通勤往復1時間の移動中はひたすら外国語を聞きまくったり。
仕事は、お陰様で順調なスタートを切っています。
今年も、順調に仕事をこなせるかしらん…。

2月まで、『みなみのうみのおとぎばなし』という舞台を、関東近郊の幼稚園保育園を中心に公演してまわっております。
例の、冬でも半ズボンで公演する、とびっきり元気な舞台。
先日、神奈川県の大井町というところの幼稚園で、今年の初日を迎えました。
やっぱり、幼児はカワイイ!
この時期の、年中、年長さんは、ストーリーを読む力がすこしずつついてきているのかしら、反応が狙い通りにきて、演じていてたのしくなります。
公演後は、保育士さんたちと一緒に昼食をとりながら、幼児たちの反応について盛り上がりました。

さて、育児近況。
うちの真結様、首もほぼ完璧に座り、もうすぐ寝返りができそうな気配。
支えながらのおすわりでは、バランスを取るためなのか、首がフラフラ揺れているのがなんとも可愛らしいです。
お風呂入れも余裕が出てきて、真結様もずっと笑顔でご入浴。
昼夜の感覚も分かってきたのか、夜に起きる回数も1回や2回くらいになってきました。
あと2日で5ヶ月目。
いよいよ、離乳食の開始です。
今日、劇団のOBであり、友人であり、マイミクであるおようさん宅へ離乳食グッズをいただきにあがりました。楽しみですのう〜。

寝かしつけソングで、ちょっと面白かったので、最後に。

ひとりのぞうさん くものすに
かかってあそんで おりました
あんまりゆかいに なったので
もひとりおいでと よびました

かみさんが、真結様がおなかにいるころから歌っていた歌。
わたしも、「おとうさんゆびさん…」とペアにして、歌っています。
これ、最初のフレーズの、『ひとり」のところを増やしながら、繰り返して歌うんですが、よくよくこのテキストを見ると、不思議だらけ。
ぞうさんが、クモの巣にかかるの?
クモの巣にかかる行為って、遊びになるの?
ぞうさんって、ひとり、ふたりって数えるの?
疑問だらけですが、歌っていて、フレーズが気持ちいい歌です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »