« ダルレの話。 | トップページ | 舞台鑑賞と批評対話。 »

2010年8月 7日 (土)

緊張するなあ…。

昨晩。
ウチとしては、たぶん珍しい、満席、チケットSOLD OUTの舞台。

結果からすると。
楽しめました。
かなり緊張はしていたのですがね。
今回、公演する会場となった飯田人形劇場は、最前列の客席がステージから2尺もないかなり至近距離の客席。しかも、スロープが急なので、お客さん の顔がよく見える見える。そういう意味での緊張もあって。
ま、人形劇に適したホールなのだから仕方がないのだけど。

2ステージ、いわゆるマチネ、ソワレの公演でした。
マチネの方が盛況というのがセオリーのようですが、昨日の舞台は、明らかにソワレの方が良かったですね。演出家や舞台スタッフもそう言っていた し、舞台に立ったメンバーもそれぞれ感じていたし、わたしも少しだけど手応えがあったかなと。
千葉からはるばる駆けつけてくださったサポーターズもおられましたしね。

毎回言っているけれど、舞台はホントに生き物です。怖いほどに。
ひどいときは、息が出来なくなるような状態になります。なにも見えないのに、重かったり、暑くないのに汗をかいたり。
でも、最近、やっと成長してきたかしら。
その不可視の力を感じるのも開演の直前までです。
開演し、舞台前に立ち、客席に正対し、お客様の視線を10人分くらいいただいた瞬間、スっと身体がラクになります。
昨日も感じた、そんな感覚。
握手の手を差し出すのか、差し出されるのか。優しく握るかギュッと握るか。
見えない手のさぐりあい。
客席とステージの間には、見えない無数の手が動いているかもしれませんね。

|

« ダルレの話。 | トップページ | 舞台鑑賞と批評対話。 »

コメント

マチネが先に完売したようです。広島から「かかし座」の観劇だけに来る友人がマチネが購入できず、ソワレを観て泊まって早朝帰っていきました。そんな思いをしても「手影絵の世界」に感動した!来て良かった!とのこと。誘って良かったです。
指定席でしたので、早めに予約を入れました。同列の真ん中が5席ばかり腹立たしい空席だったんです。舞台から客席が見えるんですか?「手影絵の世界」には丁度いい大きさでした。どんどん作品は練れてきています。慣れてもきています。見応え充分です。客席で嬉しくて嬉しくて・・・毎回うれし涙が止まりません。

投稿: さくま@夢屋 | 2010年8月11日 (水) 午後 10時51分

さくまさん。

毎回ご来場いただいて、ホントに嬉しい限りです。
ラストのカーテンコールは夢屋さんですよね。あの拍手がメッペルとボーフムでないのは辛いなあ…。
でも、向こうでも、楽しんできます!

投稿: しゅう | 2010年8月13日 (金) 午前 11時01分

ラストのカーテンコールだって、「夢屋」だけではありませんよ。たくさんのお客さんが感動していました。もう1回出てきてほしかったですが・・・お見送りサービスがあったんですね。
ロビーでお会いした後藤代表の嬉しそうな笑顔が素敵でした。
メッペルもボーフムも・・・自信たっぷりで大丈夫です。自信満々でスクリーン前に登場してください。
客席で成功!の一体感に酔いしれたいですね。

投稿: さくま@夢屋 | 2010年8月17日 (火) 午後 04時58分

さくまさん。

準備万端!
あとは、行って、やってくるだけです。
そして、美味いビールを飲んできます!

投稿: しゅう | 2010年9月 5日 (日) 午前 07時40分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緊張するなあ…。:

« ダルレの話。 | トップページ | 舞台鑑賞と批評対話。 »