« 発表します。 | トップページ | 東京→名古屋。 »

2010年5月13日 (木)

本格始動。

いよいよ、本格的に始まりました。
6月まで、平日は日々本番。
1ステージ、午前2ステージ、午前午後2ステージ、午後1ステージ…。
会場によって条件、公演数も変わります。2作品を1日で演じる場合も常にあって。

こういうときは、常に『慣れ』との戦い。
もちろん、舞台設置撤収には『慣れ』はある程度必要です。仕込みは早くなるにこしたことはない。バラシも早くなるにこしたことはない。次の移動に余裕が出るし、休憩も取ることができます。
だけど、芝居に『慣れ』は禁物。
芝居はまさに生ものです。日々、お客さんと作るもの。お客さんは毎日違うわけですから、毎回同じ芝居を演じていても必ず同じものにはならない。
もちろん、お客さんだけではありません。わたしたちの心理条件もまた変わってきます。
週半ばを過ぎると、徐々に疲労もたまってくるし、公演場所の移動距離が大変なときは運転の疲労もプラスされます(大阪→静岡→神戸なんてのはザラで、大変なときは横浜→大阪→埼玉なんて時も!)。

それでも、お客さんである子どもたちの笑顔を見ることができると疲れも吹っ飛びますな。
ここ3日間は関西のコたち相手に芝居をしていますが、とにかく人懐っこくて。
バラシのとき、関西弁でたくさん声をかけてくれます。
ちょっと、口が悪いときもありますがね。子どもが言うことだし。
ひどいときは、声かけだけではなくて、荷物を持っているときに数人でまとわりついてくる。これはあんまり危険なので、『荷物がぶつかるとあぶないから』と一旦は放すのですが、またまとわりついてきます。
衣装袋の端に、お姫様の衣装の裾を見つけては、
『あ、お姫様の服〜! チョウダイ!』
いつのまにか車の荷台に乗り込んでいては、
『横浜まで乗っけてって!』
銀のジェラルミンみたいな道具箱を持っていくと、
『いっせんまんや、いっせんまんや〜! オカネモチや〜(現金輸送車強奪のニュースで知ってるんだろうか)』
ホント、子どもたちはオモシロイ。

悲しいかな、最近は、『おっさん、おっさん』と言われても、あんまり悪い気がしませんねえ。おっと、では、『悲しいかな』という言葉はいりませんね…。

|

« 発表します。 | トップページ | 東京→名古屋。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本格始動。:

« 発表します。 | トップページ | 東京→名古屋。 »