« 19年目。 | トップページ | 『ひよこっち』サンの手話ライヴ。 »

2010年3月27日 (土)

ディープインパクト。

相変わらず、何度も観ているにも関わらず、テレビ映画を見続けているわたし。

昨晩の、金曜ロードショーでした。
少なくとも、5回目くらい。
かみさんが、若かりし頃(今でも若いけど)、かつての彼氏と観に行ったそうな。
わたしはその頃は一人で観に行った記憶があります…。

『地球存亡の危機』系の映画は数あれど、この『ディープインパクト』は嫌いではない部類に入ります。
『アルマゲドン』とか、「デイアフタートゥモロー』、『インディペンデンスデイ(これはちょっと系統が違うかも)』よりは好きですねえ。

若かりし頃のフロドバギンズ(イライジャウッド)が出演しております。
かれの顔を見ると、もはやホビットにしか見えてきません。

この映画、扱っているネタの割に、人間ドラマの部分もしっかりあるところがいいと思います。滅亡の原因である彗星をあまり映像に加えず、人間同士のやりとりでその不安感を徐々にあおりだすといった演出意図なのかしら。
作中でメインに描かれる2家族(ティアレオーニ演じる女性の家族と、イライジャ演じる少年の家族)の生きることへの視点の違いもまたドラマの進行に魅力を与えていますね。

いかにCG技術が進歩して、3D映画が台頭してくる時代になってきても、最終的に映画で観たいものといったら、やはりそういうドラマだろうな、と思います。

|

« 19年目。 | トップページ | 『ひよこっち』サンの手話ライヴ。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ディープインパクト。:

« 19年目。 | トップページ | 『ひよこっち』サンの手話ライヴ。 »