« 春一番。 | トップページ | ナウシカ。 »

2010年2月26日 (金)

フィギュアスケート。

フィギュアスケートは、オリンピックという舞台にはちょっと異色なのかな、と思ったりします。
これがオリンピックで競われるのであれば、バレエやダンスなんかも競技の一つなんじゃないの?
どちらかというと、芸術の面が強いような気がします。
そういうことでいうと、プルシェンコの言い分に一票入れたい気持ち。
高橋さんが4回転を成功しないにしてもチャレンジした姿勢、『男だね!』と思いました。
『4回転飛ばないのはオリンピックではない』みたいなことをおっしゃっていました。
夏期のオリンピックには、もちろん体操もあるけれど、音楽に合わせたりはしませんよね。こちらは無音の中で純粋に技の精度を競い合っている。あ、シンクロは音楽使ってますね…。
それに音楽は、競技時間内に合うように編曲しているんですよね。ということはここに他の芸術家(音楽家)の技術も入っている。音楽のチョイス、出来なんかも審査に影響がないわけではないと思います。キムさんや長洲さんの音楽(007とパイレーツオブカリビアン)はまさに大衆向けとしてはいい選曲かなと思います。個人的には鈴木さんのリバーダンスに陶酔です(フリーのウエストサイドストーリーも大好き!)。

長くなってしまったけれど、以上のようなことで、わたしは真央ちゃんの姿勢はとてもオリンピックらしくてステキと思います。技に対する真摯な姿勢と向上心(この見解は人それぞれかと思うけれど)、それこそオリンピックの原点ではないのかしらん。
芸術的な部分への思いももちろん大事だけれど。
もちろん、3回転3回転の連続技もすごいのは認めますよ。
音楽話題に戻るけど、真央ちゃんの選曲って、マニアックのような気がすると思うのですが…。ラフマニノフか…ピアノ協奏曲は好きだけれど、この曲は聞いたことありません。

うだうだ言ってますが、今日のお昼はテレビに釘付けでしょう。
ワンセグで、稽古合間にみんなでこっそり観ようかな〜。

|

« 春一番。 | トップページ | ナウシカ。 »

コメント

今、TVの前でいまかいまかと待っている状況です。毎日「キムヨナさんと真央ちゃん」の対決!「真央ちゃんが金をとる戦略」とか報道されていると・・・嫌な気がします。
と思いながら、真央ちゃんに応援していますが・・・。
美しかったし、楽しかったですが、「スケートダンス」のオリンピック演目にも驚きました。
では、TVに集中します。

投稿: さくま@夢屋 | 2010年2月26日 (金) 午前 10時45分

さくまさん。

よい勝負でした。
まだ若い二人だし、次のソチでもこの二人の対決が観たいものですね。

投稿: しゅう | 2010年2月26日 (金) 午後 11時07分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケート。:

« 春一番。 | トップページ | ナウシカ。 »