« は〜るばる来たぜ函館〜♪ | トップページ | 大雪ぢゃ〜。 »

2009年12月14日 (月)

最近のDVD鑑賞。

『おくりびと』。
『おっぱいバレー』。
『モンスターズインク』。
『天使と悪魔』。

『おくりびと』。
遅ればせながら、大感動。
これほど緻密な映画作りを感じたのは、邦画であれば『Shall we dance?』以来かしらん。ラストまで一息で見続けました。展開がとても自然。題材が特殊な職業なのに、ぜんぜん奇抜さが感じられないのは、やっぱりわたしが日本人だからかしら(勿論ユーモアを感じる部分はたくさんありますが)。
とても誠実なモックンに強烈な親しみを憶え、胸がキューッときそうな広末涼子さんの演技に夢中になり、山崎努さんのあの低音に聞き惚れ。
いやー、久しぶりに『素晴らしい映画』でした。
あの、チェロを題材に持ち込んだところ、とても秀逸に感じたのはわたしだけかしら? チェロの形と人の形がダブります。人の形つまり死者。死化粧をしたり、装束を着替えさせたり、身体を拭いてあげたりするところ、まるで音楽を奏でているようでした。あれはまさに鎮魂曲です。視覚に響いてくる無音の曲。
わたしも、この歳になって、葬祭に出向く経験が増えてきています。
改めて、日本人のしきたり、そして日本の魅力というものを振り返ってみたくなりました。
そうそう、余貴美子さん、ステキ〜!
最近、バイプレーヤーに視点がいくことが多いな…。

『おっぱいバレー』。
綾瀬はるかさんは、最近の『仁』での着物イメージが強いので、とても新鮮に感じました。
教育に情熱をもってせっする学校の先生役を好演しておられました。
これって実話だったりするのかしら…よくある青春ものってやつですね。
とても楽しく観られました。
やっぱり、最後は、去っちゃうんですね…学校教育上、いたしかたないのですがね…。
しかし、2軍だったとは…終わり方がスポコン系じゃないっていうのもいいのかな。ほんわかと終わった感じで。

『モンスターズインク』。
これは、かみさんが観たことなかったので、わたしのオススメとして借りてきました(100円だったの!)。
これ、ディズニーではわたしの3本指に入るかしら今のところ。
『ノートルダム』、『ニモ』と合わせてね。
これって、アイデアが斬新(ディズニーはいつもそうだけど)。
モンスターの世界のエネルギーが子どもの悲鳴だったり。
日々子どもを脅かすためにトレーニングしているモンスターたちとか。
サリーとマイクの友情、人間の女の子ブーとのふれあいからモンスターと子どもとの関係がすこしずつ変化していって、あのラストの展開。
ホント、ディズニーはいいとこに持っていきますよね〜。

『天使と悪魔』。
『ダヴィンチコード』からの、ロバートラングドンもの第2弾。
このシリーズは、宗教や過去の美術品や建物などがからみあって織りなす豪華なサスペンスものって感じですね。
トムハンクスはこういう役もオモシロイと思うけれど、『レディキラー』や、『フォレストガンプ』あたりの演技が好きかしら。ちょっと似合いすぎっていうところが観ていて思います。
虚実が入り交じっているけれど、なんだかすべて本当のことのように感じてしまいます。
インディジョーンズとはまた違った魅力がありますよね。第3弾もあるのかしら。
ラストにはかなりビックリしました。最初は、『アヤシイ…』とは思っていたのですが、展開がすすむにつれ、『犯人はこっちなの?』っていうふうに思って、こういう終わり方なのかな、と思ったらなんとやっぱりアヤシイ人がそうだったんですな〜。
ユアンマクレガーは、こういう2面性の演技、とてもうまいなと思います。
もちろん、オビ=ワン・ケノービも好きですけどね。

|

« は〜るばる来たぜ函館〜♪ | トップページ | 大雪ぢゃ〜。 »

コメント

「おくりびと」は息子からDVDを借りっぱなしです。いつでも・・・と思っていて、まだ観ていません。年末年始の休みには観なくては・・・私も余貴美子さん、大好きです。
「モンスターズインク」は、孫と何度観たことでしょう。またか?と、思いながら・・・好きです。何度観ても、ラストシーンはグスっと来ます。

投稿: さくま@夢屋 | 2009年12月16日 (水) 午後 09時28分

さくまさん。

『おくりびと』はホントにいい映画です。かみさんも、珍しく、繰り返して2回観たんですって。

来年、スタジオジブリの新作が公開されるんですって。楽しみです。

投稿: しゅう | 2009年12月17日 (木) 午前 07時57分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近のDVD鑑賞。:

« は〜るばる来たぜ函館〜♪ | トップページ | 大雪ぢゃ〜。 »