« 鳴り止まぬ拍手に戸惑いながらも…。 | トップページ | ドイツで観劇。 »

2009年10月20日 (火)

ツアー4日目。

この日は、先日の興奮、打ち上げで飲み明けた朝にも関わらず、6時起床。

実は、聖十字架教会のまわりで、朝市があるのです。
眠い目をこすりつつも、まだ薄暗い中、朝食をとって、荷物をまとめてホテルを出発。
そうそう、ここ、日照時間がとても短い。朝、明るくなるのは7時以降、夕方も5時くらいになるともう薄暗いんです。もう冬だからかしら。

聖十字架教会の方へ向かうと、広場は一転、商店街に様変わりしていました。
テントを組んだ露店もあれば、長さ6メートルほどの車の荷台がそのまま露店になっているスタイルもあります。
野菜、果物、肉屋にチーズ屋。香辛料専門店に、お花屋、ファストフードまであります。
とにかく種類が豊富で安い。見たこともない野菜や花もあり、ホントに色とりどり。キノコだけでも10数種がならんでいます。季節が秋ということもあるのだろうけど、これだけ色鮮やかなのも見ていて飽きませんねえ。
特に、チーズ屋や肉屋。チーズだけで露店がひとつ成り立つんです。切り株のようなチーズ、テレビや写真では見たことあるけれど、実物は初めて。感動でした。肉屋は、様々な種類のハムやソーセージがならんでいてこちらも思わず足が止まります。朝食をたくさん食べたはずなのに、またおなかが空いてきました。

さて、この日の公演は、午前中。
そして、ラストステージ。
ということもあり、学校の集団鑑賞がありました。
昨晩は、ほとんど大人だけだったので、まあ、お情けの拍手などもあったのでしょうけれど、今回は、子どもたちです。しかも、本当は入れない予定の2階席まで入れてしまう混み様。子どもの反応は嫌というほど分かっているわたしたちです。面白かったら食いつく、面白くなかったらそっぽを向く。とっても単純明快。
本当の勝負はこのラストステージだな、と思い、いさんで舞台へ。
でも、いちど、舞台前で子どもたちの目を目の前にした瞬間、
『あ、こりゃ、いつも通りだな』
と、むしろ安堵してしまいました。
やっぱり、子どもは万国共通。
言葉は違えど、その素直さはどこへ行っても変わりませんね。
この日も、たくさんの拍手をいただき、しまいにはドイツ語版『アンコール』もいただき、客出しではひたすらチケットやノートの裏にサインをねだられていました。これも日本のコと変わりません。

さて、本公演も無事に終わり。
ワークショップも、なんとか2回目を終え。
舞台装置も片付け、いよいよ少ない自由時間を楽しむゾウ…と思いきや。
突如として襲ってきた眠気。時間は17時。とりあえず、ホテルに戻って仮眠。
時間的には、その日に公演するカナダとイタリアの舞台を2作品観ることができたのですが、20時からのカナダの舞台はホテルのベッドから立つことが出来ず断念。せっかくのフリーパスポートだったのですが、さすがに眠気には勝てなかったですね。
でも、がんばって、21:30からのイタリアの舞台は観ることができました。感想は後ほど。

観劇後、メンバー集合して、打ち上げ。
もう、ここぞというばかりに飲みまくりました。この日は、日本から来られているお客様もご一緒し、話題も広がり。
ホテルに戻って代表の部屋で2次会。
通訳のディルクも混じって、日本語の難しさ、ドイツ語から日本語に通訳する難しさ等、話題は尽きることなく。
自分の部屋に戻ったのは、午後4時頃でした。

写真は、今日の朝市の様子。
ちなみに、そこでゲットしたのは、こちらシュベービッシュグミュントの郷土料理の素と、缶詰入りのハム。
それから、朝市の中心にどっしりとそびえる、聖十字架教会。

Img_1254
Img_1253
Img_1129
Img_1147

|

« 鳴り止まぬ拍手に戸惑いながらも…。 | トップページ | ドイツで観劇。 »

コメント

シュベービッシュグミュントの街並み、人情、食べ物もドリンクも・・・みんな良かったでしょう?

お友だちになってしまったドイツのアマチュア劇団のおばさんたちと、ついつい3年後の再来を約束したりしてしまいました。どうしよう~

ドイツの人形劇団のバーバラさんも神経の細やかな素敵なおばさまです。

ドイツは4回目ですが、ますます好きな国になりました。

投稿: さくま@夢屋 | 2009年10月22日 (木) 午前 12時27分

さくまさん。

3年後…もう一度行ってみたいですね…。
ドイツ語の基礎ぐらいはクリアーして…。

投稿: しゅう | 2009年10月23日 (金) 午前 08時55分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ツアー4日目。:

« 鳴り止まぬ拍手に戸惑いながらも…。 | トップページ | ドイツで観劇。 »