« こどもに接して。いまの舞台にあらためて。 | トップページ | 忙しいというわけではないのだけれど。 »

2009年7月25日 (土)

最近観た映画。

最近のホテルには、レンタルされはじめたDVDをテレビで楽しめるVODというシステムがあります。
最近、自宅でのんびりできないわたしにとって、これが唯一映画を楽しめる方法。
先日、茨城の日立での公演の際、宿泊したホテルで、ちょっと時間があったので、『それじゃあ、1本くらい観ようかな』と思っていたら、ついつい3本も観てしまいました。よっぽど映画欠乏症だったのかしら。

『ブラインドネス』。
突然盲目になってしまう伝染病が驚異的な速さで世界中に広まる。その中で、唯一伝染病にかからなかった女性を中心に物語は展開する。その女性を演じるのはジュリアンムーア。
このかたが出演している映画は、もう両手以上観ていますね。『逃亡者』、『暗殺者』、『ハンニバル』。『ビッグリボウスキ』や『めぐりあう時間たち』などなど、ほんとに多様な役を演じられてます。もうベテランの域ですね。
この映画、伝染病系の映画のパターンですが、患者は収容所に入れられてしまいます。そこではかなり凄惨な日々が描かれるわけだけど、なんだか不思議といやらしさは感じません。過酷なシーンだけど、ちゃんと人間模様として描かれているからかしら。おとぎばなしの雰囲気さえ感じられます。
最後、この病は突然に回復して、みんな徐々に目が見えるようになります。ラストはある意味ハッピーエンドなのだけど、ちょっと不思議な終わり方。
こういうのを、『寓話』っていうのかしら。
そうそう、この作品、日本人俳優も出演しています。伊勢谷友介、木村佳乃のお二人。伊勢谷友介さんて、『キャシャーン』に出ていました。あの映画もなかなか個性的で面白かったですねえ。

『ハンコック』。
ウィルスミスは、『アイアムレジェンド』でもそうだけど、こういう役が多いですねえ。
CMで観たときは、もう、だいたい展開が予想できると思って、あんまり観たくはないなと思ったけど、途中の急展開に思わず大爆笑してしまいました。お、こんな展開になるか? びっくりです。ちょっと設定に無理があるかなと思いましたが、娯楽映画としては楽しめました。

『センターオブジアース』。
これも娯楽映画ですね。
たしか、映画館では3D映画として放映していたのかしら。随所にそういうシーンがありました。
ジュールヴェルヌの『地底旅行』が原作。多少現代版にアレンジしてあります。
主演のブレンダンフレイザーは、『ハムナプトラ』のイメージがかなり強いです。ああいうセンセーショナルな作品でイメージを確立してしまうと、そのあとにキャスティングされる難しさみたいなものがありそう。
逆に、ぜんぜん違うジャンルでこのかたの演技を観てみたいですね。

|

« こどもに接して。いまの舞台にあらためて。 | トップページ | 忙しいというわけではないのだけれど。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近観た映画。:

« こどもに接して。いまの舞台にあらためて。 | トップページ | 忙しいというわけではないのだけれど。 »