« BGMはミスチル? | トップページ | 仕事冥利。 »

2009年3月13日 (金)

久しぶりの子ども相手。

今日のしらさぎ座も、降雨に関わらず、たくさんのお客様に来ていただきました。

そして、今晩は、久しぶりに下呂に宿泊する予定の企画営業部のMどののお手伝いで、高山へ行ってまいりました。本番2本の後に2時間のワークショップです。はっきり言って、くたびれました…。
でも、ワークショップ自体はとても楽しませていただきましたよ。
今回は、手影絵と影絵人形製作のふたつを2時間ほどでレクチャーするというもの。受講する人たちも様々。幼稚園児から小学生、中学生に、社会人、おばあさまなどなど…。けっこう幅広い。
手影絵に関してはまあいつも通り。やはりみなさん興味を持っていただけます。ですからついつい時間オーバーに。相変わらず時間を気にせずやり続けるものだから、Mどのから『ではそろそろ人形製作の時間にします』と、横槍が入ってしまいました。

さて、人形製作。
これが、なかなか難しい。
まず、人形にしたい下絵を描いてもらうのですが、大人はまずそこでつまずきますな。なかなか絵が思い浮かばない。そこのところは子どもの方が一枚上手。あっという間に描き上げます。ただ、あとでそれを切り抜くわけですけれどもそれを考えずにとんでもないデザインを描いたりするからそこが大変と言えば大変なのですが(たいがい、細かいところは切ってあげる羽目になるんです)。
影絵の人形なんて、みんな作ったことがないのだから、どうやったらいいか分からないんですね。ふつうの人形の方が作りやすかったりします。影絵の人形は、光に対してどう影が映るかを考えながら作らなくてはいけません。そこがなかなか難しいところ。そこはしっかりとアドバイスをしながら進めます。

唯一の幼稚園の女の子だったのーちゃん。最初は、うんともすんとも言わず、絵も描かないでじーっとしていたのですが、もともと下絵が描いてあるキツネの台紙を持ってきて、ハサミで切り始めたら、ちょっと反応あり。
『やってみる?』
って聞いたら、頷いたので、ハサミを渡してあげたら、お、幼稚園児にしては器用に切ってます。自分で作るという実感が湧いてくると、とたんに行動も発言もポジティブになりますな。
『お帽子もつけようかね?』
『うん、かぶらせる』
『このキツネさんにラッパも持たせてみようか?』
『うん、持つ持つ』
人形が完成して、影に映して満足したら、とたんにくっついてくるのなんの。何かあれば話しかけてくる。ほんと、子どもって単純で可愛らしいですねえ。

最後には、作業していたテーブルごとにショートストーリーを作ってミニ発表会をします。
それぞれが好きなキャラクターを描いてますからね。
とあるテーブルのキャラクターたちは、怪獣と女の子と、電車とキツネとひまわり…。
これで、お話が出来るのか…これが、出来たんですね〜。即興で演じてもらいましたが、なかなか面白かったです。

創造する姿を見るのは本当に楽しいものですね。

|

« BGMはミスチル? | トップページ | 仕事冥利。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの子ども相手。:

« BGMはミスチル? | トップページ | 仕事冥利。 »