« 日々の努力。 | トップページ | 土砂降りにもたくさんのお客さん。 »

2009年3月21日 (土)

こないだのDVDの感想。

『ハプニング』。
作り方は新しいけれど、ネタとしては、少し昔のSFチックな雰囲気。眉村卓さん、半村良さん的な。星新一さんあたりも少しあるかしら。とにかく、懐かしさを覚えました。
ストーリーを言ってしまうと、だいたいの展開がわかってしまうのであんまり言えません。カンのいい人なら最初でわかってしまうかな?
監督の出演する時間がだんだん増えているのは気のせいかしら。ほぼレギュラーで出演されてますね。
やっぱり、この方の作品では、『シックスセンス』がいまだに一番です。あの衝撃はまだ強烈に残ってますね。

『イーグルアイ』。
途中で『あれ?ひっかかった』と思いました。展開が最初は読めず、のめりこみました。電話の主って誰だろうと。
最初は、主人公の兄貴は関係ないかなと思ってました。
そして、そのあとの追い回される展開。信号あたりはいいとして、クレーンはいかがなものか…とはいえ、さすがスピルバーグです。すごく遠回しな印象を受けたけど、そのぶんラストへ向けてのたたみかけがスリル満点で面白かった。

『シャッター』。
奥菜恵のハリウッド初の出演作。
でも、幽霊の役なんですな〜。自分を騙した卑怯な男にとりつく奥菜恵さん。怖いなかにもかわいらしさが感じられたのは彼女の魅力でしょうね〜。
これは、もしかしてジャパニーズホラーの影響で作られたのかしら。心霊写真といえば日本って感じがするし。
とにかく怖いです。
しかし、こういう展開…やっぱり男が悪いのね。

『レッドクリフPart1』。
三國志大好きのわたしとしては、ぜひともスクリーンで観たかったのですが、結局ブラウン管で観ることになってしまいました。
やっぱり面白かった。中国映画的な、ちょっとセンチメンタルな間合いも気にならず。さすがジョンウー監督。アクションシーンは見事なものです。なんとなく関羽の出番が少ないような気がしますが、趙雲、張飛の無敵の強さはよく出ていてワクワクしました。諸葛亮のキャスティングはうまいなあと思います。ぴったりですね、金城武さん。
ファンの立場から言わせていただきますと、ぜひ、曹操側の武将たちにもネームテロップを入れて欲しかったです。荀彧や、夏侯惇、張遼。曹仁や楽進もいたら嬉しいねえ。
そうそう。パート2には龐統は出るのかな? 呂蒙もいたら嬉しいねえ。

|

« 日々の努力。 | トップページ | 土砂降りにもたくさんのお客さん。 »

コメント

レッドクリフ1は2回も劇場に行きましたが
納得いかないところはたくさんありますよね。。。
馬に乗ってない関羽や陸地で闘う周瑜はどうも、ねえ。
まあ、趙雲かっこいいんでいいんですけどw
実写で観られるってのがシアワセですねえ。
TVKの三国志がかなりいいらしいんで観たいんですが。

投稿: yone | 2009年3月22日 (日) 午前 12時41分

よねちゃん。

そのTVKの三國志って、DVD出てないのかな?
そして、もし出てたら、それを全巻購入する予定は~?

投稿: しゅう | 2009年3月22日 (日) 午前 08時37分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こないだのDVDの感想。:

« 日々の努力。 | トップページ | 土砂降りにもたくさんのお客さん。 »