« 学校の不思議。 | トップページ | 痛みつつも…。 »

2008年11月14日 (金)

自分の首の骨。

例の首筋痛を解消せんがため、整形外科へ行ってきました。

自宅近くにある医院でしたが、大変分かりやすく説明をしてもらえ、納得。
首のレントゲンも撮ってもらいました。
わたしって、普通の人よりも首が長いんですな。しかも、けっこう極端な方の撫で肩。首の骨は、普通は7つあって、ひとつかふたつは胸の方に隠れるそうなんですが、わたしのはほぼ7つ見えているんです。かなり肩こりしやすい体質らしいのですが、正直、わたしは肩こりというものを経験したことがありません。
なぜ肩こりしやすいのかといいますと、これも先生が小さな骨の模型を使って教えてくれたのですが、撫で肩だと腕に向かう血管やら神経やらが骨と骨の間に挟まって血流の停滞が起こりやすいのだそうです。わたしはどうやらそこまではないようですが。
『体を鍛えてらっしゃいますね。これだと、運動をやめたとたんに体が痛みやすくなりますから、運動をやめるようなことはしちゃいけないでしょうね』
と、先生の一言。
『でも、この首の痛みは、少々休養が必要ですね。少し休めばすぐ快復しますよ』とも。
『あなたの首の骨は綺麗にRになっていますね。ところが、これが緊張し続けたりすると、ストレートネックと呼ばれる症状になります』
ストレートネック?まっすぐな首ってこと?
どうやら、デスクワークの多い現代人に多いとのこと。知りたい方は、検索すればすぐ出てきますよ。
総括的に、骨格的にはこりやすい体型ですが、うまいぐあいに脱力されているからこり症状が比較的弱いんでしょうね、というお言葉を頂きました。
ま、それにプラスするならば、基本プラス思考ということもあるのかしら。

診断とレントゲンのあと、首の引き延ばしとマッサージを受けてきました。
引き延ばしって、気持ちいいですね。ちょっとこわかったですが、じっさいやってみるといいもんです。20分くらいやってましたが、半分寝てました。

久しぶりに薬を頂きました。
痛みを和らげるため、続けねば。
そして、久しぶりに、禁酒ウィークかな?

|

« 学校の不思議。 | トップページ | 痛みつつも…。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自分の首の骨。:

« 学校の不思議。 | トップページ | 痛みつつも…。 »