« 散り花見。 | トップページ | 近頃の業務。 »

2008年4月10日 (木)

結婚記念と映画つれづれ。

かみさんとのんびり、ホテルディナーを楽しんできました。
きのう、夕べ。
数品はオーダーして、サイドメニューや前菜はバイキング形式。
シャンパン1本、スコッチ4杯、生ビール数杯。
よう飲んで、よう語ってしまいました。
ウチのかみさんは、ほんとうに退屈しない相手です。
これからも宜しく頼みます。

さて、その前に。
時おり陽の射す午後から横浜駅前をふたりぶらり。
平日の街中は、ひとが少なくてよかったですな。
新入社員さんかしら、ぴっちりスーツを着たあどけない面々が道をすれ違っていきます。
『最近の若者は』論を、かみさんとべらべらしゃべりながら、ちょっとした買い物をするためにハンズと無印へ。

食事までの空いた時間を、映画で過ごすことにして、相鉄ムービルへ。
この映画館はいろいろと思い出がありますが、『ジュラシックパーク』を観に行ったときのことがいちばんの思い出ですかね。封切りに観にでかけたら大行列で、シアターのある5階から大行列が1階の出入り口まで続いていて。
3時間ならんで観たこの映画は、予想通りの大感動でした。
ここの3階には、相鉄本多劇場という小さな劇場小屋もあり、芝居を観たり、ワークショップを受けにきたり、もちろん舞台に立ったりといろいろお世話になっております。

シアターのポスターを見ていたら、
インディジョーンズ、やるんですね!
めちゃめちゃ楽しみです。
それから、『20世紀少年』。キャストが書いてあったんですが、オッチョのトヨエツぴったりですね。他のキャスティングもなかなか見事なもので。
こっちも少し期待するかな。

本当は、『ライラ』か、『魔法にかけられて』を観たかったんですが。
時間が合わず、
謎めいた映画、『クローバーフィールド』を観ることに。
あの、自由の女神の首がもげている絵だけ書いてあるポスターです。
注意書きがしてありました。
『特殊効果により車酔いに似た症状を引き起こす場合があります』等々。
要するに、『ダンサーインザダーク』、もっといくと、『ブレアウィッチプロジェクト』なんて映画もありましたな。

手持ちカメラメインの映像ということです。
そういえば、『ダンサー…』のラースフォントリアー監督は、他にもそういう手持ちカメラを使った映画を撮っていたですね。
『奇跡の海』。エミリーワトソンの渾身の演技!
手持ちカメラじゃないけれど、スタジオのホリゾント丸見えの演劇スタイルで別の意味でのリアリティを強調した『ドッグヴィル』。こちらもニコルキッドマンの投身の演技!
おっと、話が逸れますな。本題に戻します。
手持ちカメラの話でした。
リアリティを増す効果があるんでしょうね。慣れるまで気持ち悪いけれど。

いやいや、久しぶりにこわい映画でしたな。
参りました。
自称ホラー通のわたしでも、なかなか頷ける一本。
自他認めるホラー嫌いのかみさんまで、頷ける一本だったそうな。
いわゆるパニック映画ですな。しかもひたすら現場での映像が中心。
ここまでリアリティを追求しちゃうと、映画ってなんだろうなって思わせてしまう。
マイケルジャクソンの『スリラー』のラストで、マイケルがふっとキャメラのファインダーに目を向けるシーンがあります。
観客をチラリと見据える、あの絵。子供心にゾクッときましたな。
あのていどでいいんだけどな。

もう1文、おつきあいを。
この『クローバーフィールド』、20世紀初頭の怪奇小説作家が描いた物語にけっこう影響を受けているなと思いました。
でてくるモノが、『いかにも…こりゃヨグソトース?(たぶんどなたも知らんだろうな)』だな。
ハワードフィリップスラヴクラフト。
このかたが描いた世界によく似てるような気がします。
と言っても、アメリカのホラー映画って、大なり小なり影響受けてると思うけれど。かのスティーブンキングさんもとある作品でかれへのオマージュを描いてますよね。

映画つながり、もう1本。
こないだテレビでやっていた、『フライトプラン』。
けっこう面白かったです。
基本的にジョディフォスター好きです。
あの、『シックスセンス』系ではない、リアルな展開でよかった。

|

« 散り花見。 | トップページ | 近頃の業務。 »

コメント

毎回「いいなぁ~・いいなぁ~」って読ませて貰ってます。

私が映画にハマったのは「ローマの休日」「グリース」が一番のきっかけでしょう。

「エクソシスト」は途中で退散。
(この手合いは勘弁だす)
「ハンニバル」は未だに純愛物だと思ってます。

また「ご推薦の映画」を教えて下さいね。

投稿: アズマ | 2008年4月11日 (金) 午前 09時20分

『ローマの休日』はいいですよね〜。

『エクソシスト』、この系列ははっきり言って好きです。『ポルターガイスト』も。基本的にホラー好きですから…。
恐いもの見たさそのまんまの人間ですな。

『ハンニバル』純愛物、確かにそうかもしれませんね。曲折した恋愛と考えれば、これほど純粋な愛はないかもしれませんね。

ぜひ『奇跡の海』を観てください。『アンジェラの灰』も。エミリーワトソン好きになれますよ。

投稿: しゅう | 2008年4月11日 (金) 午後 08時25分

では、では2作品を頑張って「レンタル」で鑑賞します。

投稿: アズマ | 2008年4月11日 (金) 午後 09時50分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚記念と映画つれづれ。:

» 20世紀少年 wiki [話題チェックが日課]
★激安情報を探すならココから!★【話題のチェックが日課】まずは新着情報をチェック ⇒  ★新着トピックス一覧★ 20世紀少年(18)商品... [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 午前 08時28分

» マイケルジャクソン [好きなTV番組]
昨日のSmaStationでマイケルジャクソンの特集をしていました。 マイケルって凄く謎が多いので噂を信じていた部分がありました。 中でもびっくりだったのは、てっきり白人に憧れて肌を白くしていると思っていたことです。 肌が白くなってしまう病気なんですね。 1500の訴訟があるみたいですが、復活して欲しいです。 ... [続きを読む]

受信: 2008年4月13日 (日) 午後 12時18分

« 散り花見。 | トップページ | 近頃の業務。 »