« 久しぶりの帰宅。 | トップページ | テレビの仕事。 »

2007年12月 4日 (火)

カルメン。

新国立劇場。

今年はもう3回目くらいかしら。
『蝶々夫人』、『ファルスタッフ』に次いで。
知らないうちにオペラにハマっている自分がいて、面白いくらいですな。基本的に値段はちょっと高めですからそんな毎回観には行けないけれども、一番安い席は3000円くらいからあるし、生オケと歌と芝居が味わえるんだからこんなお得な芸術はありませんね。
でも、最近観てない小さな小屋での公演も観に行きたいと思うこのごろです。相鉄本多、タイニイアリス、下北沢の劇場等々…。

さて、今回の舞台は、『ハイライト』のみ。司会のおじさんとおねえさんが『ここぞ』という瞬間に舞台に現れ、芝居をストップさせ、次の見所まで誘うという進行。有名な序曲から、わたしでも聞いたことのあるアリアがどんどん出てきます。
観賞後、かみさんも言っとりましたが、『フルステージで観たい』というのが率直な印象でした。確かにコメンテーターさんのおっしゃることは面白い。ためになる。いちおうそれで了解してチケットは購入したのですが。
でも、歌っているかたがたは見事なものです。それで集中が途切れるようなことなくステキに歌っておりました。

でも、カルメンさん、すごい情熱的、ですねえ。
相手役のドンホセさんが、あまりに、一途は立派なんですがちょっとしつこい。なんだかストーカーみたいですな。

すでに内容を熟知しているかみさんは、劇後、帰り道でいろいろとほかにもみどころききどころがあると言っておりました。ますます全編を観てみたくなりましたね。

ちなみに、この日の公演には、かみさんの歌の先生が出演しておられまして、帰り際に楽屋に立ち寄ってきました。さすがは新国立の裏、広い! 一度、池袋の芸術劇場中ホールで公演したときも『広いな』と思ったけれど、ここはさすがに仰天でした。

|

« 久しぶりの帰宅。 | トップページ | テレビの仕事。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カルメン。:

« 久しぶりの帰宅。 | トップページ | テレビの仕事。 »