« 沼津。 | トップページ | 役者冥利のひとしずく。 »

2007年6月 6日 (水)

ちょいと悔しさ。

先日の、ツアー先の岡山でのことです。

今年は、ドタバタといろいろあり、一度もしていないということもあって、献血に行こう、と決意、本番後にも関わらず(基本的にわたしは血が余っている人間なので、疲れていても血が出ます)、市内の献血ルームをさがして入りました。

献血手帳も、ついに、カードになったんですね。徐々にこれからそうしていくようです。手帳にはんこを押してもらうのが結構好きだったりしたんですがね。
さて、問診票をいつものように、ひとつ目の『本日は健康ですか?』のような質問だけを『はい』にして、あとはみんな『いいえ』でズラリ、これで跡は血圧測定だけだ、と思っていたのですが、その質問のひとつに目がいきました。

『あなたは、輸血をうけたことがありますか?』

いつもなら素通りするこの質問ですが、あれ?と自問。
わたしは昨年末に手術を受けていたんです。
もしかして、輸血したのかしら? わからない場合は、『不明』にチェックを、とのことでした。

そして、結果ですが、できませんでした。輸血したかどうか、まずはわからないと、献血できないのだそうです。
ちょっと悔しいです。
輸血していたら、一生献血できないのかしら?
そんなことないですよね。

|

« 沼津。 | トップページ | 役者冥利のひとしずく。 »

コメント

残念ながら、そんなことあるんです。
献血マニアの私の記憶が確かなら、輸血歴がある=献血出来ない、と決まっているはずです。
しゅうさんが献血したいなら輸血したかどうかはっきりさせて輸血していない限り、献血は出来ないということになります。

投稿: よねちゃん | 2007年6月 7日 (木) 午前 02時29分

よねちゃん。

輸血はなかったみたいです。
これで晴れて献血できますわ。

投稿: しゅう | 2007年6月17日 (日) 午後 05時17分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょいと悔しさ。:

» 国連イラク支援団 [ビジネス]
和ブログ傘 パタ 司法関係者によると [続きを読む]

受信: 2007年6月13日 (水) 午後 04時43分

« 沼津。 | トップページ | 役者冥利のひとしずく。 »