« 温泉津療養。 | トップページ | 宮島と牡蠣。 »

2007年2月11日 (日)

氷点(上)。

怖いほどタイトルにぴったりの上巻でした。
今更説明することもないと思いますが、三浦綾子さんの代表作といってもいい作品ですよね。有名作品ですけれど、わたしは読んだことがなかったんです。国内の作家からしばらく遠ざかっていたということもあります。でも、名作はやはり名作ですね。もっと読まないといけないな、と実感し、同時に、読書欲もアップしました。

まだこれから下巻があるので、あんまり詳しい感想は書けないのだけれど。
人間のいろいろな影の面が登場人物たちを際立たせています。不思議とドロドロした感じがしないのは、やはり北の大地が舞台だからでしょうか、時おり差し込まれる季節感が人間の葛藤など意に介しないかのごとくストーリー全体にあみこまれているように感じました。

『汝の敵を愛せよ』という言葉がキーポイントになるんだけれど、まあ思いもしない言葉です。随所に現れるこの言葉、聖書の言葉が元なんですが、たった11字の言葉のなんと分厚いことか。言葉の持つ力が弱まっているといわれている今日この頃ですけれど、今あらためて言葉の持つ力、見直さなくちゃいけないなと思います。

このツアー中に下巻も読み終えそうだな。
ちなみに、もう下巻、3分の1読み終えてます。

|

« 温泉津療養。 | トップページ | 宮島と牡蠣。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 氷点(上)。:

« 温泉津療養。 | トップページ | 宮島と牡蠣。 »