« 早朝散歩。 | トップページ | リハビリ3。 »

2007年1月29日 (月)

触覚。

右手が使えるようになって思ったことです。

右手のひらで触れるものすべてが新鮮だということです。
たったのひと月くらいだけれども、ここまで『触れる』行為に敏感になったのは産まれて初めて、いや、産まれて以来かもしれないですね。そこまで大仰な意見もどうかと思いますが、それくらいびっくりしたものです。

まず、髪の毛。左手と右手の触感が全然違う。左手はさらさらしているのに、右手側はなんだか太くごわごわして感じるのです。衣服も違う。もこもこしていて気持ちのいいセーターが、右手ではちりちりして固い感じがする。自分の肌の触感も違いますねえ。右手のほうがざらざらしていて『これが自分の肌?』って思ってしまいます。

使っていないとどんどん変化していく。鈍っていくというんですかね。
何にでも当てはまるなあ、と思います。

|

« 早朝散歩。 | トップページ | リハビリ3。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 触覚。:

« 早朝散歩。 | トップページ | リハビリ3。 »