« 出勤。 | トップページ | 初深酒。 »

2007年1月31日 (水)

アンデルセン。

ちょうど1週間前、『アトムの時間はアンデルセン』
という舞台作品を観に行きました。
マッチ売りの少女、パンを踏んだ娘(youtubeにもあるんですよ)などが代表作ですかね。今回は、その二つを含む4作品をオムニバス上演してました。
横浜市の西の端、いずみ中央駅にあるテアトルフォンテという劇場にて。

この作品を上演する劇団、俳優も出るんですが、俳優の衣装は基本的に黒っぽいのであまり気にならなくなっています。では、何がウリかといいますと、様々な道具を用いて演技すること。『アニメイム』と呼ばれる手法なんですが、俳優が柔らかい棒や大小さまざまの輪、ボールなどを使って動物から景色から何でも表現してしまうんです。

普通のお芝居だと、例えば、馬が登場する場合。
まあ、グランドオペラ等だったら本物の馬を舞台に出したりもしますが、たいていは2人の人間が馬の扮装をかぶって登場するでしょうね。ところが、この舞台での馬は、4本の棒で足、1本の棒で馬の首、その先に楕円の輪や丸い小さな輪を使って馬の顔をくっつける。たったそれだけなのに、しっかり馬に見えるんですよ。足の動き、鼻を鳴らすときの動き、そこがまるで本物のよう。

表現することは、写実的でなくてもいい、受け取るほうの想像力に挑戦すること。そんなことを感じさせる舞台でした。

|

« 出勤。 | トップページ | 初深酒。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンデルセン。:

» 犬・猫好き必見!言葉に出来ない笑劇的動物たち:YouTubeおもしろ動物動画 [日刊 YouTubeおもしろ動画+α!YouTube(ユーチューブ)動画をダウンロード!おもしろ・お笑い・神業動画満載!]
だーーーはっはっはは!!これは思わず笑ってしまった!かなり有名なのかな?この「言葉にできない」シリーズ。今回は「動物編」っちゅーわけでいってみよ~~ん!もー動物はボケよう思ってやってるわけじゃないのがたまらんのだけど、偶然にも捉えた思わず「プッ」と吹いてしまう一瞬の1コマを、小田和正の「言葉にできない」に乗せてそんなフェードイン/フェードアウトされたら、、、、そらおもろいわ!犬が立ちション・・・(顔は... [続きを読む]

受信: 2007年2月15日 (木) 午後 03時57分

« 出勤。 | トップページ | 初深酒。 »