« ハサミ。 | トップページ | FFⅫと春の陽気で・・・ »

2006年3月23日 (木)

変わらないけれど・・・アディエマス最高。

知り合いのつてで,オーチャードホールにて上演された『アディエマス』のコンサートを観られる機会がありまして。
このグループ、確か、いわゆる「癒し系音楽」の流行り始め頃にではじめたのではないでしょうか? NHKの番組のテーマソングにもなっていたと思います。最近では、レクサスのCMでも、インストとボーカル入りの2種類使われてますねえ(ちなみに余談ですが、このレクサスのCMでは、これまた私の大好きなクラナドの『ハリーズ・ゲームのテーマ』が使用されてます。選曲してる方、気が合いそう)。
ラインナップは、おなじみの曲に、先月発売されたアルバムの曲を何曲か追加してました。『聖なる海の歌声』や、『輪舞曲』等々。
もう10年近く聞いている私にとってはもう感激ですね。
このグループの特徴は、まず何と言ってもアディエマス・シンガーズと呼ばれる女性のヴォーカルさんたちの歌声です。クラシックとも違う、むしろポップスに近い響きとハーモニー。そしてパーカッションと、弦を中心としたオケが入って重厚な音楽に仕上がっていると思います。聴き始めは、ずうっと同じフレーズを繰り返しているだけなので、ザマバとかカヤマとか(それもあんまり意味がわからない言葉ばかり)、ちょっと不思議に思うのですが、それがクセになるんです。
前回も観たんですが、内容はそれほど変わってません。前回は東儀秀樹さんがゲストミュージシャンでしたけれど、今回は尺八奏者の方(これがまたヴォーカルに溶けあって最高!)でした。藤原さんという方でしたけど、知識に疎い私には存じ上げません。演奏はすばらしかったです。
で、今回もラストに『桜』の歌をアカペラで披露。つややかな西陣織の反物が幾重にも折り重なるようなステキなハーモニーでした。「声は数種類の楽器」と、改めて思う一夜でありました。

|

« ハサミ。 | トップページ | FFⅫと春の陽気で・・・ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変わらないけれど・・・アディエマス最高。:

« ハサミ。 | トップページ | FFⅫと春の陽気で・・・ »